マーダーミステリーゲーム

【ネタバレ注意】「賢者マーリンの試練」エンディングページ 

「賢者マーリンの試練」エンディングページ

 

このページは「賢者マーリンの試練」のエンディングページです。
まだプレイしていない人は、ネタバレになりますのでご注意ください。

プレイ後のエンディング見る場合は下にスクロールしてください。

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

エンディング

最後の推理発表に応じて、以下のエンディングを読み上げてください。

全員が冒険者6人のうちの誰かを魔族だと選んだ場合

側で話し合いをみていたマーリンが急に笑い出す。

カール
「何がおかしいっていうんだ!
一体魔族は誰なんだ?
早く教えてくれ!」

マーリン
「魔族が誰かだって?
まだわからないのか?
魔族はこの俺様さ!」

マーリンは5人の目の前で、ジェイクの姿に変わった。

魔族
「マーリンはとっくに死んでるよ。
やつは病に犯されて相当弱っていてね、楽にしてやったよ。
昨日の夜、ジェイクを殺したも俺さ。
お前らはお互いに疑いあって滑稽だったよ。
俺のことも見抜けないとは、マーリンなき今、人間達はもう終わりだな。」

高笑いをしながら、魔族は姿を消した。

今後王国は魔族にいいようにされていくのだろう…

誰かがマーリンを魔族だと選んだ場合

推理でマーリンを選んだ人物
「お前が魔族に違いない!
正体を表せ!」

マーリン
「まさか…俺のことを見抜けた人間は今までいないぞ…」

マーリンは魔族の姿に変わった。

魔族
「クソ!!
あのジジイが病気で死んで、好き勝手に暴れられると思っていたのに…」

5人は協力して魔族を打ち滅ぼした。

次の守護者となれる人物がいる王国は今後も繁栄していくだろう。

 

 

以上がエンディングとなります。

昨晩一体何が起きたのか、疑問に残る点も多いと思います。

以下昨晩の魔族の行動をまとめておきます。

むーとん
むーとん
真相を読む前に専用ページの情報を共有して推理しても面白いと思います!

事件の真相を見る場合は下にスクロールしてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

事件の真相

昨晩一体何が起きたのか。

以下に、魔族の行動を載せておくので、他のキャラクターのページと一緒にご覧ください!

賢者マーリンは病に犯され、非常に弱っていました。

後継者を決めるべく試練を開くマーリンですが、その事を魔族に知られてしまい、

6人が屋敷にやってきた時には既に殺され、魔族と入れ替わっていました。

つまり、屋敷で待ち受けていたマーリンは魔族だったのです。


昨晩の魔族の行動を、時系列順でまとめておきます。

むーとん
むーとん
ほかのキャラクターの情報と一緒に見てみてください!



20:00 

マーリンに扮した魔族が6人をそれぞれの部屋に案内する。
     

20:30 

魔族がマリアの部屋を訪問する。マリアを殺そうと部屋に来たがバートがいたため中止した。

21:00

バートがソフィの部屋に行く。

21:10

マリアがバートの部屋を覗く。

0:00  

魔族がカールの部屋を訪問する。カールに睡眠薬の入った飲み物を渡し、眠らせた。

1:00 

魔族がジェイクの部屋を訪問し、殺害。

1:30 

魔族が眠っているカールをジェイクの部屋に運び入れ、床に投げおいた。バートが聞いた物音はこの時の物音

3:00

カールが血を洗い流しに屋敷を飛び出す。

4:00 

魔族がジェイクに変身し、リサの部屋を訪問。マリアが聞いた怒鳴り声はこのときのリサのもの。これはジェイクがいつ死んだのか混乱させるため。

5:00

カールが屋敷に戻る。

魔族は必死に魔族を特定しようとする5人の様子を見て楽しんでいました。

作者より

いかがでしたでしょうか。

今作「賢者マーリンの試練」は私にとって1作目となる作品です。

プレイヤー全員が各々の利益よりも、

魔族の特定を優先して、秘密の情報を共有していれば、

マーリンの行動の違和感に気づきやすかったと思います。

楽しんでいただけましたら、こちらからお気持ちを頂けると大変励みになります…

別のシナリオも公開していくので、是非遊んでいただければなと思います!

むーとん
むーとん
遊んでいただきありがとうございました。

概要ページに戻る